fc2ブログ

県職員、田舎の牛フン他臭い道路を毎日通勤!

還暦になって人生を振り返ると、
現実の世の中は、正直つまらない世界です。
地方公務員上級職試験に合格した時嬉しい反面、
「自分程度で県庁マン?話がウマすぎる。」
と疑っていたら、案の定現実は、
寂れた田舎の狭い建物で仕事。
これが現実です。
自分位の人間レベルで、県庁本庁はないのです。
地方公務員とか地方勤務を希望する人は
「自分なら喜んで、どんな田舎でも仕事します。」
都会の人々は、過去観光地の楽しい思い出や、
マスコミ情報で、田舎暮らしを想像するから、
そう言えるのです。
本当に、田舎の職場に配置され、現場で仕事すると、
自分がミジメで悲しい気持ちになります。
都会の人々は誤解しています。
田舎が素晴らしいのではなく、
「観光地が素晴らしいのです。」
観光地に旅行すると、有名な建物と風景だけを見て、
温泉旅館や有名ホテルに宿泊して入浴やグルメ。
観光地の楽しい思い出だけを拡大解釈して、
田舎全体を、楽しいイメージに誤解している
だけなのです。
元熊本県職員は、15年半のうち13年半、
菊池・阿蘇内牧・山鹿と田舎勤務を経験しました。
都会の人々は
「田舎は空気がキレイで美味しい」と言うが
トンデモない。
真実は牛フン他(ただでさえ臭いのに)
が腐敗した悪臭漂う道路を毎日通勤します。
車内は窓を閉め内気循環する必要があります。
観光地が「空気が美味しい」とイメージしたのは、
観光バスや列車内が窓閉め切って内気循環で、
直接現地に行くから。
また温泉旅館やホテル街は、温泉の湯煙による香りと、
檜風呂などの香りが、
田舎臭いをカモフラージュしているから。
観光客自身香水と化粧の香りで守られているからです。
熊本市内から菊池・阿蘇・山鹿方面に行く時は、
出来るだけ国道を通行することがオススメです。
それ以外の道路は、県外客や外国人観光客には、
臭くて恥ずかしいので、紹介出来ないです。
過去春の大型連休、窓開けて菊池阿蘇方面を通行して、
牛フン?の悪臭で、家族に対して大恥の経験ありました。
春の大型連休4月末~5月初め頃熊本は温暖なので、
30度位まで暑くなることもあります。
阿蘇菊池方面に行く時国道57号線は混雑するので、
裏の近道を行ったら、途中牛フン馬フン?の、
「地獄の黙示録」級の猛烈な腐敗臭がした。
暑くて窓を開けてたので、同乗した家族には、
赤っ恥かいた。
その裏道、
現在は半導体工場がある場所を通過するのです。
令和6年開設予定で、大勢の外国人や県外の人々が、
転入して仕事するのです。
だから心配するのは、「熊本、とても臭いね。」
とイメージされることです。
渋滞を避けるため、国道57線325線以外の道路を
通勤する可能性があるから。
スポンサーサイト



結婚式披露宴「披露」から「大恥」へ転落

カッコウは、夢見ていたようです。
県職員上級職将来の幹部候補生超エリート
結婚が実現したら
結婚式披露宴にて
「新郎は県庁○○課勤務、将来有望な幹部候補生~」
として招待された人々を驚かせる。
カッコウ自体は県庁マン夫人として
シンデレラみたいに自慢できる
夢のシチュエーションらしい。
カッコウ出会い当時、元県職員の勤務先は
「熊本土木事務所用地課」
つまり出先。
だから当然カッコウは「あれ県庁マンでは?」疑問。
そこで苦肉の策として、カッコウの姉夫婦は
「今将来の県庁幹部候補生として、出先にて修行中。」
「だから今度異動で、県庁勤務になるよ!」
説明して安心させた。
さらに平成3月下旬
熊本県職員異動の発表がありました。
元県職員は阿蘇保健所に左遷。
その結果をカッコウに電話連絡すると
カッコウは「あら~~」と落胆した返事でした。
それは、カッコウが自分の将来パートナーを
県庁で活躍する「県庁マン」として自慢するのを、
事実上消滅することでした。
以前「大船に乗った気持ち」と説明したが
熊本県庁本庁13階建て千人位県職員在位の建物を
船に例えるなら「豪華客船」です。
なのに阿蘇保健所だから、田舎の「渡し舟」に転落。
カッコウとしては、新婦側の招待者に対して、
「な~んだ、県庁と聞いてたのに田舎の職場か。」
赤っ恥かかせられた。
平成4年5月24日結婚式披露宴にて
仲人は県庁本庁課長夫婦を予定していた。
ところが4月異動で大阪事務所所長として栄転。
苦肉の策として町内会長夫婦に代役となった。
「豪華客船船長」が「村人」に代役となり、
県庁役人に「私の後輩が新郎です」と
紹介してもらうハズが、
またまた赤っ恥。
カッコウは、結婚式披露宴終了してから後日、
「私は大恥かかせられた、つらい悲しい。」
と周辺の人々に嘆いていた。
なぜなら
「県庁幹部候補エリート夫人となったシンデレラ」
として「披露」するハズが、
「田舎中小事業所に左遷されたダメなヤツの妻」
として「大恥」の場に転落したから。

発達障害自閉症みたいで友達が離れていった少年時代

元熊本県職員は、小学1年末頃から小学5年初め頃まで、謎の薬を毎朝服用されました。
子供だった当時は、薬の意味を知らず、ただ両親から心を落ち付かせるためと言われてました。
このことは家族3人だけの秘密で、誰にも内緒でした。
今考えれば、発達障害みたいな症状を改善するためのようです。
昔「幼なじみの思い出~」の歌がありましたが、
内向的な元熊本県職員は、「幼なじみ」いないのです。
小学1年2学期から還暦の現在まで、途中数年除けば、現在の地域に住んでいます。
デモ子供の頃から近所の同年代だった人々でさえ、全然付き合いがなく、現在どうなっているか全然知らないです。
発達障害自閉症スペクトラムの疑いがあったように、
周りの影響や迷惑を考えない性格だった。
今でいう「空気の読めない」子供だった。
一人だけ、みんなと違った行動をして、
みんなを驚かせ笑わせて、愉快になる性格だった。
でもそれが嘲笑・失笑・苦笑であることに、
当時は、気づかなかった。
元熊本県職員が今振り返ってみると
「自分で面白いことやって自分で笑う」
人間だった。
でも周辺の人々は笑っているようでも
「口は笑っても目は笑っていない」
つまり内心ではムカついていたワケです。
だから同じクラスの間は我慢しても
別々になると皆離れていって
相手にしなくなったのです。
自分で面白いことを一方的に話すのに、相手側から話しかけることに対しては、返事だけ又は無反応。
つまり、今でいう「塩対応」だった。
だから、最初の頃は、多くの同級生が話しかけるのに、
「この人、つまらない。」と、次第に離れていき、
そして、卒業後、誰からも相手にされないワケです。
見た目は、明るい性格に見えたらしい。
だからみんなが、次々と遊びに誘うのです。
デモ折角誘ってくれたのに、協調性のなくムキになる性格だったので、
スグ大声で怒ったりなく叫んだり。
だから、みんな楽しむハズが、皆シラけて。
「おい、こいつ好きか。」
「もう一緒に遊びのを、やめようよ。」

内向的な性格の人は、地方公務員試験には向かない。

大型連休中観光地に旅行するのは、
お勧めしないです。
観光地なら、
グーグルアースやストリートビューにて、
景色を閲覧すれば良いのであります。
観光旅行の楽しい思い出だけで、
「田舎暮らしや仕事するのも良いな。」
と考えて地方公務員試験受験すると、
人生の選択を誤り後悔します。
地方出身学生が
「自分の出身地、地元に就職したい。」
だから地方公務員試験受験するのは正しくはないです。
「地元に就職できる」のでなく、
「地元に近い田舎で仕事する」のが正解です。「地方特に田舎の人々のために、活躍できる仕事。」
地方公務員試験行政職を受験するのは
やめた方が良いです。
出先田舎の保健所総務○○課とかに配属されても、
一日中事務室にいて、
コピー焼きとか机の上で雑用や軽作業。
住民相手と言えば書類を受付又は電話番とか。
全て受け身だからです。
熊本市出身者が、実際には熊本市で仕事できず、
熊本市以外の田舎で仕事するのが、
県職員の実情です。
部屋に閉じこもりの内向的な性格で、
例え大型連休であっても外出しない人。
もし県職員になっても、
未来永劫県庁本庁勤務にならず、
田舎の保健所総務課みたいな出先周りです。
なぜなら人間関係が苦手なので、
大勢の職員の本庁勤務は無理。
ノンビリした田舎の職場しか仕事できないからです。
「発達障害、ひきこもりから立ち直って、社会復帰したい。人々と話す仕事したい。」
そう考える人は、公務員の道はあきらめた方が良いです。
もしなっても、役所の窓口、税務・用地交渉・生保など外回り業務ら外され、内勤だけです。
内向的な性格なら、初対面の人に話しかけるのが苦手だからです!
内向的な性格な人が苦手なこと。
初対面の人に話しかける
自分から電話をかける
飛び込みで訪問する又はアポ取ってから訪問する
悩み事は直ぐ上司同僚に相談する又は相談に対応する
大勢の人々に説明する
みんなと一緒に食事やゲーム・・・
地方公務員として仕事の困難な理由が、
わかりますよね?

人生の勝利者は都会、敗北者は田舎へ!

熊本県庁による
「熊本県庁の豪華庁舎で長く仕事できる。」と信じ込ませて、試験採用する作戦。
変ですが、何とか県内各地に職員を配置させる「苦肉の策」なのです。
田舎での仕事を嫌がる若者たちに、何とか田舎で仕事させるには、仕方のない方法のようです。
でも、ダマされたみたいで残念です。
地方上級公務員試験大卒程度とは?
有名大学は、大都市大都会に立地していることが多いですよね。
大都会で大学生活の学生が、受験するのです。
だから、受験願書する前に、大学の大都会と県の出先を、
グーグルアースやストリートビューにて、比較して検討してから、
再度考え直した方が良いです。
田舎暮らしに憧れている都会の人々も多いようです。
デモそれは観光地だけ見ているから、楽しく見えるだけです。
田舎が良いのでなく
「有名温泉旅館ホテル、観光地の風景土産物店が良い。」のです。
観光地を訪問した楽しい思い出と、マスコミの情報だけで、
地方公務員試験受験してはいけません。
都会で生活している人々の、田舎暮らしの想像図とは?
おそらく観光で訪れた時の、
観光地を類推してるのでしょうね?
つまり、もし田舎で仕事する場合、
観光地の美しい風景を眺めながら、
豪華ホテルや温泉旅館みたいな施設で、
仕事するのを想像してるのでしょうね?
違う、違う、そうじゃない!
田舎暮らしを宣伝する人々の正体!
結論から言えば、
自分は大都会に居住して、
大都会で仕事しているくせに、
善良な人々を、
自分は田舎で住みたくなくて
仕事したくないものだから、
自分たちの代替として、
言葉巧みに観光地だけを強調して誘導して、
田舎に住まわさせて、仕事させるワケです。
例えばテレビでの旅番組。
芸能人は、自分は高額所得者で、
仕事場は、高層ビルのテレビ局で、
自分は都会の高級住宅街か、高層マンションにて
住んでいるハズのくせに、
旅番組の時だけ、田舎の風景とグルメを絶賛する!
デモ芸能人は、田舎には居住や仕事せず、
実際は、左遷された人が仕事する!
プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR