fc2ブログ

ニート商法(仕事に使えない人ほど、国家資格や検定試験合格に有利!)

ニート他は人間関係が苦手、たとえゴールデンウイークだろうが、
盆正月だろうが、どこにも行かず、誰からも披露宴や宴会とかにも誘われず、
自宅に誰も訪れない人間疎外だから、それを逆手に利用してノンストップに勉強できるから、
難関な国家資格試験とかに有利なワケです。

次に、有利なのは、オタク・フリーターなど少しは仕事している人間、
表向きは在職中でも、実際は仕事していない又は単純作業など軽易な仕事だけの、
窓際族や社内ニートが、平日でも豊富に勉強できるので、
ニート他の次に合格に有利なワケです。

デモ、こんな人間が国家資格に大量短期合格して良いのでしょうか?
スポンサーサイト



ニート商法(有能な人には仕事、無能な人には資格の法則)

社会保険労務士など国家資格試験合格するのに必要な時間は、
1回目で合格するにも、年間平均1000時間位のようです。

だから、ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)など、
ニート他や、窓際族、社内ニートに有利なワケです。

私は、元地方公務員ですが、係長級以上の有能な職員は、
会議・研修・打ち合わせ・家庭や企業訪問など、
連日のスケジュールが満杯になっていて、
行事と行事の間にやっと事務処理が出来る感じで、
本庁舎なんか、土日も深夜まで残業している状態です。
デモ、民間企業によってはもっと忙しいですが?

なぜなら、有能な人材に、年間1000時間も資格試験を勉強する位なら、
使用する側としては、資格ではなく、「仕事」を任せるハズです。

世の中の身近な店屋とか銀行・保険会社の窓口とか思い浮かべてください。
多くの有能な人材を、どんどん店頭や訪問に活用して、
どんどん商品説明をさせて販売させた方が、
会社の業績もアップするでしょうが、
それを資格試験の勉強で時間を潰すのはもったいないです。
それでも、国家資格を頑張って受験する有能な人もいますが、
仕事が忙しくて、一週間に1時間も勉強する時間がないことも珍しくないなど、
ニート他に比べて、著しく不利です。

一方、社内ニートなど無能な人には、本人のプライドを傷つけないための苦肉の策として、
社労士など国家資格やパソコンなどを勉強させるワケです。
表向きの国家資格だけ持たせて、仕事は他の人にやらせるワケです。

資格試験受験に確保できる一週間あたりの勉強時間。
出世コースを歩む有能な人→0~20時間。
社内ニートなど無能な人→20~50時間。
ニート他→一日中勉強可能なので、100時間でもOK!

ニート商法(天は二物を与えずの法則)!

世の中には、「天は二物を与えずの法則」という不思議な法則があります。

会社や役所が求人採用するにあたって、どんな人を採用したいですか?
そんな難しく考えなくても、誰だってある程度見当つきますよね?
外交的な人、積極的な人、対人的にコミュニケーション豊富な人、
協調的な人、頑張り屋さんな人などですよね。

デモ、現在ペーパーテスト重視社会において、
残念ながら、勝ち抜くのに有利なのはその正反対の人々です。

高校入試、大学入試、公務員試験、国家資格又は検定試験、
ペーパーテストに勝ち抜く人々は、残念ながら、
ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)のように、
内向的で消極的な人、対人的にコミュニケーションが苦手な人、
自主的でわがままな人、上司などがら指示されない限り自分から行動しない人です。
(指示されて行動するならまだ良い方、指示されても中々行動しない人が多い。)
ニート他の人々に言えることは、「あいつ勉強は出来るけどな、・・・」
勉強以外が否定される人間性であることです。

なぜなら、大学入試とか国家試験とかペーパーテストは、
膨大な分量の記憶が必要で、膨大な勉強が必要です。
実は、そのペーパーテスト制度がニート他に有利な制度だからです。
だから、国家資格試験合格者の半数位がニート他と推定されます。

ニート他は、勉強時間がとても豊富です。
ニート他だから土日深夜はもちろん、平日でもいつでも勉強できます。

だって、正月やお盆、花見でも、結婚式や同窓会とかでも、誰からも誘われないし、
かと言って、自分から誘うことはもちろんない。

かえって、外交的で頑張り屋さんの方が、平日は仕事で忙しくて、
平日の夜や休日は、人間関係の交際を重視して、
勉強時間を取れないので、不利である。

だから、国家資格又は検定試験向けのニート商法業者を支えているのが、
ニート他の理由がわかりますよね?

ニート商法(社内ニートや窓際族にも御用達)

社会保険労務士など国家資格、パソコンや簿記のような資格検定など、
ホワイトカラー系の資格検定は、ニート他が御用達であります。
ニート商法業者にとって、御用達である
ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)は、
おそらく、公務員や一流企業在職中は、「内勤」がほとんどです。
また、役所や会社在職中でも、昔からの表現で「窓際族」、
最近流行りの言葉で「社内ニート」「職場内ニート」と呼ばれる人々にも、
ホワイトカラー系の資格検定は御用達のようです。

なぜ、外回りの仕事でなく、内勤に回されるのか?
実は、ニート他の場合「学力は一流、だけど人間性は三流」
だから、過去に外回りの仕事を担当させたら、
上司や同僚とトラブルになったり、(それは内部だからまだ良い方で)
お客さんとトラブルになったりと、
頭は良いけど、人間関係がうまくいかない人間だからです。
そこで、とても対外的な仕事は任せられないが、
人間関係が少ない、一日中机に座って、簡単な事務をやらせる仕事位なら
差し支えない人々です。
もちろん、あまり仕事は任せられないから、残業はほとんどなく、
夕方5時過ぎには、帰宅できるから、
国家資格や検定試験を勉強する時間は豊富に確保できます。
(あまり声を大にしていえないが、窓際族ならやることがないから、勤務中も勉強したりして?)
つまり、窓際族としては、仕事がダメな分を、国家資格や検定で挽回して
少しでも、自分をPRしたいようです。
デモ、逆に自分の人間性欠落や仕事ダメぶりな分を証明することになり、
墓穴を掘ることになります。
プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR