fc2ブログ

「社会保険労務士」から、「社会保険」に加入した「労務者」に転職!

平成22年10月末、社会保険労務士会退会届を、地元社会保険労務士会に郵送しました。
つまり、約5年間の開業「社会保険労務士」会員登録を抹消して、「社会保険」に加入している「労務者」として、今後の人生を歩むことを選択したワケです。

九州で2番目にレベルの高い大学法学部を卒業して、長年地方公務員の上級職行政事務職だった人間にとって、
何とかホワイトカラーのデスクワークとして一生働けるようにと願って、
社会保険労務士資格を取得して、その方面の仕事を開拓しようと最大限努力しましたが、
平成17年社会保険労務士開業会員登録して、色々と顧問開拓に努力したものの、顧問先ゼロなど、とても困難でした。
最近になって、やっと気付いたのですが、残り約70%の未開拓の事業所は、
良く考えると、県内400名近い会員が、その道何十年のベテラン社労士でさえ、
最大限営業努力して顧問開拓に失敗した業界だから、本物の実務未経験で事務指定講習修了
しただけの自分が開拓できないのは、当たり前です。
だから、ハローワークなどの求人広告、行政協力など長期の仕事は、
総合労働相談員みたいに労働基準監督署の非常勤でさえ1名募集に20名応募など難関なので、
約50件もの正社員・非正規など応募して、全て落選しました。

人手不足のブルーカラー系の仕事に対して、社会保険・労務などホワイトカラー系の仕事は、
深刻な「人余り現象」の世界なのです。

つまり、難関の国家資格社会保険労務士はもちろん、過去の大学法学部・地方公務員上級職事務職の学歴・経歴の一見豪華3点セットにみえるようですが、顧問開拓や就職・転職など、ホワイトカラー系と呼ばれる事務系の仕事をするためには、ほとんど役に立ちませんでした。

そこで、平成22年6月、思い切って過去の学歴や資格などのプライドは全部捨てて、深夜勤務の肉体労働系の仕事に、転職することに決心しました。
丁度その時、マスコミ報道によって、宅配便・宅急便の区分け作業など運輸業の業界が、
とても人手不足であることを知って、これはチャンスと確信して応募したら、
ようやく安定した仕事に転職できました。

まさか40歳代後半になって、一昔前ならブルーカラーと言われた肉体労働の世界に、
転身せざるを得なくなるとは、つい最近まで、夢にも思いませんでしたが、
社会保険労務士として、定職に就けずに、想像上の労働の世界しか知らないで、
将来バラ色のホワイトカラーの理想像を、ドンキホーテみたいに夢見続けるよりは、
つまり、「社会保険」加入の「労務者」として、現実に長い間働き続けることを選択したのです。
その結果が、「ニート・ひきこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)」の世界から脱出して、
社会復帰して社会参加できるようになったのです。

確かに、深夜勤務であり、途中1時間の休憩はあるものの、8時間立ち続けて小包など荷物を区分して
大量の荷物を運ぶ仕事は、肉体的にはとても重労働で、大量の汗をかきます。
でも、職場の先輩は、とても親切で、たとえ区分でミスが見つかっても、
「そんなにあせらず、わからないことがあったら、どんどん質問してください。長い間
作業すれば、自然に覚えるから。」と、こんな感じの働きやすい労働環境です。
また、人生で初めて、自分の体を動かして働いたので、本当に働いたという実感が出来て、
世の中の人々のために役立つことが出来て、働けることは本当に素晴らしいことと、
とても嬉しく感じました。

なお、退会後も、社会保険労務士資格者ではあるので、社会保険労務士会員を
はじめ、資格者が寄り集まって活動する自主研究会は、参加しています。

余談ですが、その年の12月29日から1月3日までの年末年始6日間は、元旦の晩方以外全部出勤しました。
宅配便の業界は、年末年始が最も繁忙な時期で、人生において初めて、仕事場にて年越しする貴重な体験をしました。
大晦日の出勤前、成人してから以降、初めてお酒飲まずに年越し蕎麦を食べました。
(今から仕事だから。)
元旦の、お雑煮やおせち料理は、仕事を終えた直後なので、今までで最も美味しく感じました。
スポンサーサイト



「社会保険労務士」名目で、数万人のニート・ひきこもり他が存在している実態!

※社会保険労務士試験 オフィシャルサイトより
http://www.sharosi-siken.or.jp/
平成24年9月30日現在、社会保険労務士登録者数は、37,347人
となっていますが、
毎年5~7万人の社会保険労務士試験受験者の過半数が無職又は社内ニートであり、
それから、定年退職後の高齢者や専業主婦などを省いても、その残りは、
社会保険労務士試験の名前を借りた無職または定職に就かない
「ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)」
又は、在職中の会社員・公務員であっても、
昔の言葉「窓際族」、今流行りの「社内ニート」であります。

合計すると、約3~4万人が、「社会保険労務士」のネーミングを隠れ蓑とした、
自宅の部屋に閉じこもりの「ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)」が存在すると推定されます。

社労士受験生及び社労士会会員の大部分が、
元ホワイトカラー系のエリートだった人で、
その中で職場内での人間関係がうまくいかず、退職または解雇された方が、
リベンジの意味で社労士受験して、合格後社労士会会員となるパターンが多いです。
でも、社労士合格して会員になったものの、期待に反して就職や転職がうまくいかず、
仕方なく、安定した職業を見つけるまでの間、
「無職」になるのを避ける目的で、開業会員になって、
自称「社会保険労務士」を名乗れるメリットを獲得するために、
開業会員になって、「自分の姓名他+社会保険労務士事務所」として、
毎年8万円位の開業会員会費名目の、「命名権使用料」を支払っているワケです。

「ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)」の場合、
本人は仕事するつもりがあっても、
家族や知人など周りの人、また本来なら就職などを推進するハズの、
ハローワークなどの公共雇用施設でさえ、
就職先の人間関係でのトラブルを心配して、
せっかく就職しようと本人が努力しても、
「社会保険労務士」やパソコン・簿記などを窓口で勧めるなど、
資格検定の勉強に矛先をそらして、
かえって、社会復帰や社会参加を妨げているのが現実です。

そこで、社会保険労務士試験を受験勉強させて、
試験合格及び会員登録後は、さらなるキャリア形成・スキルアップの名目で、
特定社会保険労務士や年金アドバイザー・FPなどの上級資格、
又は行政書士など他士業資格や、パソコン・簿記検定などの勉強させて、
周りの人々には、「未来への投資」名目で、社会の人々のニート等に対する冷たい目から
カモフラージュさせるのです。

でも実際は、ただ自宅の部屋で一日中机に座って、実用的でない大量の暗記をし続けるだけの
「社会からの逃避」なのです。

どうも、現在の日本社会は、社会のトラブルのもとと勘違いして、
裕福な家庭は、家族が生活を守って、
そうでない家庭は、国や地方自治体が生活保護受給させたり、国民年金・国保減免などして、
できるだけ「ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)」を
出来るだけ社会復帰させないように、
社会保険労務士など国家資格や検定制度を、誤った方向に利用しているのです。

でも、このままではいけません!

社会保険労務士試験受験を辞退して、社会復帰しましょう!

社会保険労務士試験公式ホームページhttp://www.sharosi-siken.or.jp/によれば、
今年度の試験日は、平成26年8月24日(日)実施される予定です。

そこで、せっかく合格目標に頑張っている受験生の皆様には、水を差すようで心苦しいですが、
次のように提言します。

この試験受験生は、毎年5万人~7万人いますが、その過半数は、
ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP(スネップ)か、
役所や会社在職中でも、昔からの表現で「窓際族」、
最近流行りの言葉で「社内ニート」です。
会社や役所など前職を退職又は休職されてまで、受験勉強に専念されている皆様には、
自己啓発や教養を身につけるだけが目的ならともかく、
もし過去に労務や社会保険方面の実務経験がなく(または実務経験2年未満)、
就職や転職に有利と信じて受験されるなら、申し訳ありませんが、
本日をもって受験勉強を中止されるよう、そして8月24日の試験は、辞退されますよう、
お薦めします。
なぜなら、過去説明したとおり、かえって、就職や転職にマイナスになるからです。
社会保険労務士試験受験者のほとんどが、
デスクワークつまりホワイトカラー系の仕事するのに有利と信じて受験されると予想されます。
自分の事務所を構えて活動する独立起業目的や、事務系への就職転職希望など様々ですが、
真夏でも冷房完備のオフィスにて、肉体的には楽な額に汗かくことなく仕事できるのが、
ホワイトカラー系仕事の魅力ですよね?
でも、もしそれが社会保険労務士試験受験目的なら、率直に申し上げましょう!
「世の中への考えが甘い、世の中そんなに甘くない!」
30歳以上で、過去社会保険や労務方面が実務経験ゼロ又は浅い方なら、
まず100%ホワイトカラー系の再就職はなく、
肉体労働系つまりブルーカラー系の仕事しかないです。

そして直ぐにでも、就職活動を開始されるようお薦めします。
もし自宅でインターネット利用できる方なら、今晩からでも、
「あつまるくんの求人案内」など就職転職サイトから、
就職先を検索される方が、もっと良いです。
例えば、「あつまる君の求人案内」とかの求人広告を見て、直接電話とかしても良いし、
求人募集している企業サイトを見つけたら、直接メール送信すれば良く、
うまくいけば、その日か翌日にでも面接日の連絡があり、
意外とあっさりと、就職できます!
プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR