fc2ブログ

狭い人生から広い人生に転換をPRお願いします!

先程熊本「知事への直行便」に送信した内容を、
紹介しますので、よろしくお願い致します

私は、南こうせつとかぐや姫様の「神田川」という歌が大嫌いです!
なぜなら、この歌は、「三畳一間の・・」若い男女の
狭いアパート暮らしを賛美しています。
そのことが、狭いオンボロな建物の職場とアパートについて、
イヤな思い出がある者にとっては、
聴くのがつらい歌だからです。

ホワイトカラー系として、広くきれいな建物で働けることに憧れて、
大学まで猛勉強して地方公務員上級職に合格したのに、
自分の努力不足による自業自得とはいえ、
15年半の間、広く綺麗な県庁本庁勤務の夢は実現せず、
狭いオンボロな庁舎の出先勤務で我慢させられました。
特に最後6年半の県北出先勤務は、平屋の狭い建物で、
当時でさえ、壁はひび割れ、塗装は剥がれ、
腐臭漂うボイラーなどによる粗末な冷暖房設備など
最悪でした。
(注:あれから10年以上今はもっと老朽化している。)
私生活でも、狭いオンボロな平屋のアパート暮らしの
結婚生活を強要され続けた者にとっては、
狭いことほど辛いことはありません!
(なお、この件については、離婚裁判などの件で、前職に多大なる
御迷惑をかけたこともあり、詳しいことは省きます。)

都会で暮らす人々の大部分が、
都会の生活に憧れて上京して、
豊かな生活を得られます。
その代わり、狭い職場と家で我慢することになります。
都会でホワイトカラー系として就職した人々の大部分は、
官公庁の本庁舎や大企業の本社勤務以外は、
狭い雑居ビルや狭い支店で働くことになり、
結婚しても、親と同居を嫌う時勢においては、
大部分の人々が狭いアパートか団地にて、
新婚生活をスタートすることになります。
都会の子供たちのほとんどが、
狭いアパートか団地に生まれ、
狭い職場で働き、狭い通勤して、
狭い道を挟んで狭い店が並ぶ商店街で買い物するなど、
狭い人生を過ごすことになります。

そこで、県知事にお願いしたいことは、
広い人生を送れるよう、
都会で狭い暮らしで我慢するのをやめ、
田舎や郊外でも良いから、広い庭と広い家に住み、
広い職場で働き、広い道を通勤して、
広い店で買い物できるように、
出来るだけ多くの人々を導いて頂きたいのです。
私が住んでいる熊本市郊外みたいな、
広大ショッピングモールをはじめ、
広い商店や飲食店、広い工場など作業場、
広い職場環境や広い道路など、
広い街並みを、過疎で悩んでいる市町村に
増やしていただきたいのです。

逆に、狭いオンボロな雑居ビルなどは、
改築か廃止など、
広い建物に再構築するなど、
熊本県行政を展開、願いたいのです。

そうすれば、都会からの移住者が増えると、
期待できます。

私は、40歳代後半になって、皮肉にも
ブルーカラー系の仕事に転換して、
近くにある大型ショッピングモールに次ぐ、
広くきれいな建物で仕事できる夢が叶いました!
このまま、広さと快適な職場環境を満喫して、
長く働きたいです。
もし、転職することがあっても、
イオンみたいな広大ショッピングモールなど
広い職場が良いです。
狭いオンボロな建物だけは、
もうこりごりです。
広いということは素晴らしいことです。


スポンサーサイト



社会保険労務士資格がかえって、福祉関係の就職を妨げた悪例!

社会保険労務士資格は、ホワイトカラー系の就職・転職に役に立たないバカりでなく、ブルーカラー系の就職・転職までも台無しになることがあります。
その具体例を紹介します。
4年前の夏頃、一旦ホワイトカラーの業界への転職をあきらめて、自分の体力を活かせる仕事として、福祉・介護の業界への転職を考えた時期もありました。
最初、「熊本県総合福祉センターURL:http://www.kumafukucen.com/」に就職相談に行ったら、そこでは歓迎的な態度で、何ヶ所かの施設に電話かけて求人状況を確認されるなど、とても親切でした。
これで、やっと長期間安定した収入への就職ができると、希望が湧いてきました。

しかし、その後熊本パレア9階「熊本県しごと相談・支援センター(くまもと県民交流館パレア内)http://www.parea.pref.kumamoto.jp/sigotosien/index.html」や
「ユープラスくまもとhttp://www.kumamoto-jinzai.jp/」に就職相談に行きましたが、
ショックだったのは、九州地方には変な慣習があって、福祉・介護の現場は、事実上女性専用の職場になっているのです。
実際この両者からも、「高齢者の女性入所者が、男性職員から排泄・入浴の世話されるのを恥ずかしがるので、どこの介護関係の施設でも、男性の求職希望はお断りしている。」と説明を受けました。
それどころか、「ユープラスくまもとhttp://www.kumamoto-jinzai.jp/」からは、
後日自宅まで電話かけてきて「それよりも今からは、パソコンの時代だから、そちら方面の資格取得の勉強をされてはいかがでしょうか?」と提案されました。
実際、この福祉・介護業界は、ある就職情報誌によれば、全体の9割が女性であり、求人サイトで各施設を調べると、ひどい施設は10人の職員の全員が女性という例もあり、徹底的に男性が働くのを嫌っているようです。
特に、熊本県しごと相談・支援センターのように公的機関までもが、性別を区別する就職相談・指導されたので、残念です。

学歴・就職・資格は、ニート>デートの法則!

学歴・就職・資格は、結論から言えば、
ニート>デートの法則があるのです。

つまり、週末の土日及び平日の夕方5時以降に、
異性とデートする人間よりは、
その時間帯に、自宅に閉じこもって、
ニートする、
そして勉強しまくって、その結果合格して、
高学歴と就職と資格を勝ち取るという

この世の悪魔の法則があるのです。

本来なら、俗に言う肉食系の人間は、
本当は頭の良い、社会的に好感度の高い人間なのです。
デモ、かといって大学受験や就職・資格取得等のために、
イザ勉強しようとすると、
人間性の好感度高いがゆえに、
平日の夜や土日は、デートはもちろん
村祭り盆踊りなど地域や親せき関係の行事
、結婚式披露宴出席などの友人知人関係の人間関係に忙しく、
勉強が難しい。

その結果が、本来頭が良くて、人間性が高くて好感度が高いハズの、
デート族が、学歴・就職・資格取得に困難していて、
苦労しているのです。

それに引き換え、ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEPなど、
草食系の人間は、異性どころか同性すらでも、
人間関係が疎遠で欠落しているがゆえに、
それを逆手に利用して、
平日の夜や土日は、自宅でニートしているので、
たとえ、正月など年末年始、ゴールデンウィーク、
お盆、クリスマスイブでも、スケジュールが空いているので、
朝から深夜まで勉強しまくって、
その結果、ニート他が学歴・就職・資格試験に合格しまくります。

そこで、本当に、企業や役所に来てほしい役に立つ人材が来ず、
招かざる客である、ニート他が、
就職試験に勝ち抜いて採用されます。
デモ、企業や役所に役に立たないどころか、
人間関係でトラブル続出など、かえって迷惑される!

それが、この世の諸悪の根源です。


ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEPが国家資格・検定試験を独占する理由!

実は、ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP、さらに社内ニート(窓際族)が、
国家資格・検定試験に圧倒的に独占している実態を紹介します。

ニート・引きこもり・SNEPの場合、
SNEPの人口は推定160万人、それにニート・引きこもりの人口を加えて、
重複分を差し引いても、推定250万人で、国内人口の約2%位です。
デモ、国家資格・検定試験では、
その少数派が合格を独占している実態を紹介します。

例えば、社会保険労務士試験では、厚生労働省のサイトによれば、
無職+その他だけで、約24%を占めます。
それから、60歳以上の高年齢者及び専業主婦等を差し引いても、
約20%、つまり、約2%のニート・引きこもり・SNEPが、
その人口のワリに多くの合格者を勝ち取っているワケです。

さらに、付け加えると、会社員・公務員・自営業者等の場合、
例え、オタク・フリーターなど、
たまにバイトや嘱託・非常勤でも、
コンビニのバイト→会社員、役所のバイト→公務員と
名乗れるワケだし、
社内ニート・窓際族で、実際は干されていて、ほとんど仕事していなくても、
堂々と、会社員とか名乗れるワケです。

そうなると、「天は二物を与えず」の法則どおり
国家資格・検定試験合格者の
推定50%~60%が、
ニート・引きこもり・オタク・フリーター・SNEP及び
社内ニート(窓際族)が占めるワケです。
プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR