fc2ブログ

実際に見て、ガッカリする観光地の出先!

熊本県知事とか、国会県議会議員など政財界の偉い人々は、
テレビ他マスコミでは、美辞麗句な発言します。
デモ実際は 元熊本県職員の阿蘇山鹿保健所の10年半の勤務にて、
熊本県知事や県庁幹部政治家とか訪問したことは、 一度もなかった。
政財界の偉い人は、田舎の現場を訪問しないのです!
ここだけの話ですが、
熊本県知事とか県庁幹部が、
新聞やテレビなどマスコミで発表するのは、
書類だけを読んで、判断したことなんです。
保健所とか出先を一度も訪問せず、介護とか福祉とか現場を全然見ないで、
自分は県庁本庁の豪華施設で、悠々自適で書類にハンコ押すだけなんです。
さてゴールデンウイーク、温泉とか観光地に旅行する人々が多いです。
そこで、今年又は将来地方公務員試験受験される本人又は身内の方に提案します。
観光のついでに、観光施設と県の出先を両方訪問して、比較して頂きたいのです。
多分県の出先の方が見劣りして、ガッカリする確率が高いです。
世の中の人々が想像している県の出先は、
皆観光施設みたいな豪華な建物のハズ。
県の出先は、普通市街地又は観光地に立地しているから、実際に両方見比べてましょう。
(例:阿蘇市旧阿蘇保健所と隣の観光ホテル)
そしたら
「え~、これみたいな建物で、将来長く仕事するの?」
これが現実です。
県庁本庁舎は豪華ビルとはいえ、職員数は千名を超える位?
それも、本庁管理職か幹部候補のエリートだけ。
実際は数千名の職員、エリート以外の大部分が、
数十か所の田舎の出先、平屋2階建てとか狭い建物で、県職員生活を送ります。
下手すると、本庁勤務を経験しないまま、県職員生活を終えます。
「だけど大きくなっても、メダカはメダカ」
昔のヒット曲にありました。
将来都会のオフィス街のエリートとして、
優雅な生活を夢見て、
大学まで一生懸命勉強しました。
でも結局は田舎の出先でしか仕事できない。
結局オンボロな人間は、
オンボロな人生しか歩めないのです。
これも運命なのです。
スポンサーサイト



人生の勝利者は都会、敗北者は田舎へ!

熊本県庁による
「熊本県庁の豪華庁舎で長く仕事できる。」と信じ込ませて、試験採用する作戦。
変ですが、何とか県内各地に職員を配置させる「苦肉の策」なのです。
田舎での仕事を嫌がる若者たちに、何とか田舎で仕事させるには、仕方のない方法のようです。
でも、ダマされたみたいで残念です。
地方上級公務員試験大卒程度とは?
有名大学は、大都市大都会に立地していることが多いですよね。
大都会で大学生活の学生が、受験するのです。
だから、受験願書する前に、大学の大都会と県の出先を、
グーグルアースやストリートビューにて、比較して検討してから、
再度考え直した方が良いです。
田舎暮らしに憧れている都会の人々も多いようです。
デモそれは観光地だけ見ているから、楽しく見えるだけです。
田舎が良いのでなく
「有名温泉旅館ホテル、観光地の風景土産物店が良い。」のです。
観光地を訪問した楽しい思い出と、マスコミの情報だけで、
地方公務員試験受験してはいけません。
都会で生活している人々の、田舎暮らしの想像図とは?
おそらく観光で訪れた時の、
観光地を類推してるのでしょうね?
つまり、もし田舎で仕事する場合、
観光地の美しい風景を眺めながら、
豪華ホテルや温泉旅館みたいな施設で、
仕事するのを想像してるのでしょうね?
違う、違う、そうじゃない!
田舎暮らしを宣伝する人々の正体!
結論から言えば、
自分は大都会に居住して、
大都会で仕事しているくせに、
善良な人々を、
自分は田舎で住みたくなくて
仕事したくないものだから、
自分たちの代替として、
言葉巧みに観光地だけを強調して誘導して、
田舎に住まわさせて、仕事させるワケです。
例えばテレビでの旅番組。
芸能人は、自分は高額所得者で、
仕事場は、高層ビルのテレビ局で、
自分は都会の高級住宅街か、高層マンションにて
住んでいるハズのくせに、
旅番組の時だけ、田舎の風景とグルメを絶賛する!
デモ芸能人は、田舎には居住や仕事せず、
実際は、左遷された人が仕事する!

県庁本庁で仕事できると喜ばせて、本当は田舎で仕事させられる!

地方公務員試験受験シーズンです。
受験願書を提出する前に、お願いしたいこと。
まずストリートビューにて、保健所とか県の出先を検索して閲覧すること。
旧阿蘇保健所旧山鹿保健所みたいな建物を閲覧したら、 「これが、もし公務員になったら仕事するカモ知れない建物?」
皆ガッカリするハズ。
さらにグーグルアース3D画面にて、
旧阿蘇保健所旧山鹿保健所みたいな田舎の出先の周辺地域を閲覧すると、さらにガッカリします。
デモ受験生が人間関係の苦手な内向的な性格なら、
大勢の職員がいる県庁本庁舎勤務は、あきらめます。
田舎の出先でしか仕事できません。
それでも願書出しますか?
元熊本県職員15年半にて、熊本市内の勤務は、
熊本土木事務所(当時熊本市東町)の2年のみ。
最初の赴任地は菊地福祉事務所3年間。
(現在の県北広域本部)。
そして阿蘇保健所4年、山鹿保健所6年半。
グーグルアースやストリートビューで閲覧すると、
田舎ばかり勤務の悲しみ実感できます。
誰でも若い頃は、大都会に憧れ、田舎をイヤがります。
デモ県庁としては、県内各地で活躍する人材が欲しい。
そこで公務員試験会場を県庁本庁にして、
合格採用したら、主に県庁本庁で仕事できるよう信じ込ませるワケです。
もし田舎の出先でしか仕事できないと知ってたら、誰も受験しないから。
元熊本県職員としては、地方公務員になったことを、
「地方公務員上級職、将来の幹部候補生として、県庁本庁の豪華な建物で仕事できる。」
とダマされて、喜ばさせられて、
本当は、田舎の小さな建物で仕事されたみたいで、
後悔しています。
自分みたいな、
人間関係が苦手で内向的な性格の人間が、
県庁マンとして活躍できるワケないですよね。
それを「県庁本庁で仕事できる。」
と鵜呑みにしたのは、
まだ公務員試験受験した当時、
世の中の真実を理解してなかったのです。

地方公務員試験受験合格採用後、県庁本庁舎でなく田舎の閑職に左遷!

熊本県職員の勤務時間は、午後5時00分まで。
待機時間15分があって、午後5時15分以降になったら退庁できます。
日の出日の入りの遅い西日本九州ということもあるが、
田舎の閑職では、4月から9月まで、
毎日夕方明るいうちにて、職場を出て、
自宅に帰り着くことの出来るのが魅力です。
「田舎はいいね!」
「のどかな農村は素晴らしい。」
それは、都会に住んでいる人々の言葉!
自分は都会の住宅街とか高層マンションに住んでいて、
高層ビルとかオフィス街で仕事して、
よく言うよ!
本当に田舎の閑職に10年半も左遷された
経験者としては、こんなミジメなことはないです!
元熊本県職員は、新規採用当時地方活性化に貢献できるよう頑張りたいと考えていた。
デモ実際に田舎の閑職に左遷のミジメさを、経験してから、
「地方に貢献したいと考えた自分が間違っていた。」
やはり、都会のオフィス街にて働けることの素晴らしいことだと、
180度考え方を転換した。
やはり東京の夜景が、今までの人生にて最高に美しかった。
2015年秋東京に行ったとき、「ゆりかもめ」にて「お台場」に降りた夜景です。
あまりの感動のあまり、こう考えました。
「今の人生はダメだった、だけど」
「今度生まれ変わったら、こんな素晴らしい場所で仕事できるよう頑張ろう!」
今年以降地方公務員試験受験される方他できるだけ多くの皆様に、
是非このカキコを閲覧して頂きたいのです。
正直言って県庁本庁舎で仕事したいから、今受験勉強されているハズです。
でも県としては、本当は田舎で働いてほしいのです。
そこで県庁本庁舎をエサに、受験生をおびき寄せるワケです。
豪華な県庁本庁舎で働けると信じて、
地方公務員に新規採用されます。
デモ実際は、田舎の閑職に左遷されている職員が、現実に今も大勢仕事しています。
元熊本県職員として、これ以上田舎の閑職に左遷される悲しい思いさせないよう、地方公務員試験受験を、出来るだけ多く止めさせたいのです。

「年間」8時間~9時間しか残業しない田舎の閑職!

旧山鹿保健所に勤務している時の体験談。
平成9年から11年にかけて、総務企画課に勤務している時、
今だから告白しますが、正直言って、「年間」8時間~9時間しか残業していませんでした。
(注:週間又は1日あたりではない。)
それほど、田舎の出先の閑職は、ノンビリしてました。
つまり田舎の閑職に左遷されることは、
俗にいう「干される」「窓際族」とかを意味するのです。
コピー焼きとか、簡単な書類の片づけなど、軽作業や雑用だけです。
あとはヒマつぶしに広報誌を読むとか、雑談するとか。
もっと仕事したくても、仕事任せられなくなったら、人間終わりです。
これでは申し訳ないと
「私は、もっと重要な仕事したいのです。深夜残業や休日出勤何でも頑張ります。」
と申し出ます。
でも部長副部長総務○○係長とかは、コイツ何言ってんだというような表情して
「君の頑張ろうという意欲は、良くわかった。でも君はそんなに頑張らなくても良いのだよ。」
旧阿蘇保健所旧山鹿保健所みたいな田舎の閑職の建物に左遷されることについて、もっと実情に近い表現をみつけました。
「窓際族」というよりは「追い出し部屋」が近いです。
熊本県庁本庁に「窓際族」はいない。
なぜなら、本当に去って欲しいダメ職員は、本庁舎の窓際でさえ置いてもらえないから。
「窓際族」つまり窓際で干されていても、
かまわないから、
熊本県庁本庁の建物で仕事したかった。
でも発達障害みたいな内向的な性格で、
本庁の仕事は無理だから左遷された。
そこで田舎の閑職の上司は、いつも
「ここわ、いい所だね、ノンビリできるから。」
と左遷された職員を慰めます。

「変な人」田舎の閑職に左遷!

これで、発達障害みたいで内向的な性格「変な人」が、地方公務員になれるのは、偉い人のコネでなく、「変な人」に有利な地方公務員試験にあることが、理解されると期待しています。
本当にコネがあるのなら、元熊本県職員大卒上級職が、十数年も宅配便内務の契約社員に留まっているワケないじゃん。
熊本県庁本庁に配属される職員は、
総務部人事課から
「この人なら将来みんなのリーダー的存在になれる。」と見込まれているのです。
だから熊本県庁本庁で、見た目若い職員を見たら、
社交的な性格で、誰もが皆少なくとも係長級以上、
つまり参事以上になれる見込みと期待されている人であります。
田舎の保健所総務○○課みたいな、
田舎の閑職に左遷されます。
もし毎年発行される熊本県職員名簿を見て、
田舎の出先にて、
30歳後半以上で主任主事なら、
こいつは「変な人」で、仕事がダメで左遷されたとみなしても、かまいません。
もし、一般の市民の皆様が、田舎の保健所とか県の出先を訪問するのなら、午後2時半から午後3時頃がお勧めタイムです。
まず事務室なら、総務○○課だけ副部長又は総務○○係長以下、職員が固まって座っていて、お菓子食べながらノンビリと座談会している場面に遭遇する可能性が高いです。
さらに、一般の住民の皆様が、
もし昼休みの時間帯か午後3時頃、
午後5時過ぎの時間帯に
保健所又は田舎の出先を訪問するなら、
事務室だけでなく、裏口に回るか会議室とかを、
事前予告なしに抜き打ちで訪問して頂きたいのです。
ここだけの裏話ですが、裏口に喫煙所を設けてることが多いです。
だから事務室だけでなく、たまには裏口を訪問してください。
さらに昼休みか、午後5時以降事務室以外も訪問してください。
ここだけの話だが、机同士をつなげてピンポンとかやっている職員多いです。
(アレエ~多忙なハズじゃ~)

地方公務員試験、実は内向的な性格オタクに有利な試験!

熊本県職員に関して、コネはありません。
コネで採用された職員は、一人もいません。
なぜなら、実際猛勉強して地方公務員上級試験の難関を突破して合格採用された経験があるから!
デモ、ナンでコネ採用情報が、世の中に流布されているかと言うと、
ごめんなさい、ダメ職員のせいだから!
「でも、変な職員もいるよ。こんな変な人がコネでなければ、何なんだ?」
答えは、地方公務員試験のペーパーテストです。
あの程度の試験問題なら、
大学3年の後半から地方公務員試験がある7月頃まで、
市販の問題集を何回か反復して、
自分の部屋で勉強すれば、
簡単ではないが合格できますよ。
地方公務員試験、実は内向的な性格オタクに有利な試験なのです。
大学3年後半から4年前半にかけて、平日大学授業時間以外は、昼間大学図書館で、夜間は部屋で試験勉強。
日曜や春休みとかは、一日中部屋に閉じこもって勉強、内向的な性格だから、豊富な勉強時間を確保できて合格できたのです。
大学当時の趣味は読書とアイドル歌手の歌を聴くこと。ジョギングと大学のトレーニング室に通うこと。
(注:いづれも一人だけでやることです。)
公務員試験勉強する時も、昼間図書室にて独りぼっちで勉強して、
自宅では、テレビ見ながら、アイドル歌手の歌聴きながら、深夜まで勉強しました。
地方公務員試験、実は社交的な性格の人には不利な試験なのです。
なぜなら、子供の頃から大学まで、学級委員長や部活の主将など、リーダー的存在の人は当然友人も多い。
平日の夜や休日は、みんなで飲みに行くとか麻雀とか、ドライブ、恋人のデートとかで、肝心の勉強時間が少なくなるからです。
県庁や市町村など地方自治体にとって、
本当に求めている人材とは、
将来の管理職「リーダー的存在」になれる人のハズ。
現在の筆記試験主体である公務員試験制度は、
人間関係が上手でリーダーになれる社交的な性格の人が合格に不利です。
孤独な内向的な性格の人が合格に有利なのです。

県職員新規採用辞令交付式

令和5年4月3日月曜は、県職員辞令交付式。
熊本県庁本庁舎の建物を、グーグルアース3D画面で拡大閲覧すれば、
県職員なら誰でも憧れる理由分かりますよね。
とても豪華な建物です。
新規採用又は初めて本庁に栄転する職員、
前の晩嬉しくて待ち遠しくて眠れないカモしれないでしょうね?
昭和62年4月1日、
元熊本県職員は、熊本県庁本庁舎地下会議室にて、
新規採用職員として、辞令交付式に参加しました!
当日当時の知事が、
「君たちは、ベンチャー県庁を・・・」
の言葉今でも忘れません。
意味は、わからないけど、
神様の箴言として、今でも心に刻み込まれています!
昭和62年当時総勢200名近く採用されました。
元熊本県職員は、大卒上級職事務職が、当時50名以上大量採用したこともあって、運よく採用されました!
本来なら、こんな発達障害自閉症スペクトラムみたいな人間だから採用されないハズが、
幸か不幸か採用されたのが、悲劇の始まりです!
当時地方公務員上級職事務職採用方法のカラクリとして、事実上一次試験のペーパーテスト合格が条件でした。後は、二次試験の記述試験や面接集団討論は、単なる儀式に過ぎなかった。

元熊本県職員左遷閑職体験談3

県職員大卒上級職事務職が、田舎の保健所異動になった段階で、事実上「死の宣告」つまり、エリートコースから陥落したことを意味します。
県職員としては、30歳代最後の3月31日又は9月30日までが余命です。
もう幹部にならないから、クビになるまで主任主事つまりヒラで出世止まります。
熊本県職員4月1日付異動、令和5年は土曜のため、
4月3日月曜が、異動先初出勤になります。
だから、田舎の閑職に左遷が決まった職員は、土日事前にストリートビューとかで予習した後、現地を見に行くでしょう。
そして、現実に現地を見て
「ああ、自分は左遷されたんだね。」
と実感します。
平成4年4月阿蘇保健所異動、
その年は4月1日が土曜なので、
4月3日月曜から出勤、午後から辞令交付式でした。
デモ、事前に職場を見たかったので、
当時の所在地阿蘇町(現在の阿蘇市)内牧に、
下見のため行きました。
そしたら、まず小さな狭い2階建ての建物にガッカリしました。
ナゼ事務職なのに保健所異動なのか?
それは、保健所が社交的な性格の技術職員と、内向的な性格の事務職員の二重構造だからです。
保健所の技術職員は、室内で来客の応対、ほとんど毎日外回り業務、社交的な性格向きです。
逆に事務職の仕事は、ほとんど室内の仕事のみで、内向的な性格向きです。
ここだけの話ですが、保健所に左遷される事務職は、
公私とも人間関係でトラブルした職員、
つまり人間関係が苦手な内向的な性格です。
だから、保健所の保健予防課職員は、誰も皆精神保健福祉のスペシャリスト!
そこで、保健所の技術職員から、人間的に矯正してもらいたく、配属させるワケです。
県職員事務職が、保健所に左遷されたからと言って、
100%未来が絶望というワケではないです。
そこでも、保健所技術職員のサポート受けながら、
改心して頑張って仕事して、県庁本庁に栄転した職員もいます。
デモ矯正不能なダメ職員が、残念ながら、保健所で職員として「死刑」を迎えます。

元熊本県職員左遷閑職体験談2

3月27日熊本日日新聞熊本県職員人事異動、
アレエ~、ナンと課長級以上限定のわずか1頁のみです。
毎年係長級以上つまり課長補佐・主幹・出先課長・参事も含めて3~4頁なのですが?
何か深い理由があって、課長補佐以下が省略されたのか?
まいっか!
左遷閑職最期のシナリオ(保健所総務〇〇課の場合)
3~4ヶ月前位からリストラ対象職員を地域振興局局長室に呼び出し、
何回かヒアリングを行い説得する。
最期の月、10日間自宅待機させた後退職届を提出させる。(書式は自由)
県庁人事課に所属長と出向いて、最後のヒアリングで退職決定。
10日間の自宅待機期間は、年次有給休暇対応です。
つまりリストラ対象職員について、
年度末3月31日又は上半期末9月30日付けにて退職になります。
いよいよ最後の日地域振興局の局長室にて、
「願により、退職を承認します。」との辞令交付されます。
(表向きは退職届提出によるため)
そして地域振興局総合庁舎の各課に挨拶回りした後、
保健所に戻り、退職のために色々手続きします。
午後5時過ぎ、わずか20名嘱託や非常勤職員を含めても30名位に見送られて、
寂しくヒッソリと、職場を去ることになります。
こうして、リストラ対象職員は、コッソリと閑職にて消されます。
プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR