fc2ブログ

熊本県職員の駅伝大会若い職員強制参加されられる!

球技大会や駅伝大会、職員にとって、
正直言って「有難迷惑」です。
仕事忙しいのに、
管理職とか命令で
昼休みや夕方強制的に練習させられます。
さらに、管理職や上司は、
部下には強制的に参加させながら、
自分は楽したいから駅伝大会には参加せず、
打ち上げの宴会にだけ参加するのが通例です。
駅伝大会に部下を勝たせたい執念からのエピソード。
熊本県菊池総合庁舎福祉事務所時代の体験。
1989年2月頃、
福岡県北九州市に出張したのに、
現地は、わずか1時間位視察しただけで終了。
夕方午後5時までにトンボガエリして、
強制的に駅伝大会の練習に参加させられた
経験すらあります。
令和6年2月4日(日)
県職労ユース部団結駅伝大会
https://kspa.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2023/05/R5nenkan.pdf
熊本県職員労働組合主催
熊本県民総合運動公園 陸上競技場
昔は「青年部」32歳以下の職員で、
新人から3年目位までは、強制参加でした。
但し福祉課保護係みたいな激務の職員は、
参加が免除される特典がありました。
だから、熊本県庁に興味ある皆様方は、
是非駅伝大会見学されることをお勧めします。
若い熊本県職員だけが大勢参加します。
一方見学者は高い年齢層の人々が多いです。
なお熊本市内の繁華街は、
駅伝大会打ち上げの宴会が多数行われ、
県職員で賑わうと予想されます。
(年配職員は宴会だけ参加)
熊本県職員の駅伝大会
1区から7区あり、1区と7区が2.7キロ、
他は2キロ又は2.3キロ。
雨天決行(←ココに注目)
1989年までは熊本県庁本庁周辺を巡回。
1990年から熊本県民総合運動公園で開催。
1989年2月は、雨がザーザー降るのに、
当時の若い職員力走、
良い思い出です。
2月4日熊本県民総合運動公園での駅伝大会、
多くの若い職員が力走することでしょう!
一方、上司や先輩職員の大部分は、
応援にも駆けつけてくれない。
そして打ち上げの宴会には、ほとんど全員参加。
上司とか、宴会の時だけ、ニコニコして
「良く頑張ったね。」と声かけて、
宴会を楽しみます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER735598UMI

Author:FC2USER735598UMI
自己紹介:「社会保険」に加入した「労務者」のブログ!
このブログは、国家資格社会保険労務士受験及び開業会員という名目で、約7年半ニートでひきこもりであった人間が、ようやく社会復帰して社会参加できるようになった実体験に基づくブログです。

資格予備校や社労士会など、資格商法業者によるポジティブな宣伝文句に踊らされ、
社会保険労務士試験や、合格登録しようとする人々が多いです。
結局、実際に受験、合格登録して、予想したほど稼げず業界を去っていくような
失敗が多いのが現実です。
それよりも、現実に冷めたネガティブな投稿を連発するキャンペーンを行なうことにより、
出来るだけ多くの人々を、社会保険労務士の業界に入ることをあきらめさせ、
現実に、今すぐにでも就職・転職できて、仕事して稼ぐ方向に誘導するのが目的です。


※過去の経歴
昭和62年春
九州地方の有名私大法学部卒業して、地元地方公務員上級職事務職として就職して、平成14年秋まで勤務。
平成16年秋
国家資格社会保険労務士試験合格
平成17年秋
社会保険労務士事務指定講習修了後、社会保険労務士会員登録及び開業
平成17年~平成22年
この約5年間、最大限努力するも顧問先ゼロ、ホワイトカラー系の就職活動50回位応募して、全部失敗、大学法学部・元公務員事務職・国家資格社労士の看板が、世の中に全然通用しないことを理解する。
平成20年夏頃、一旦は、福祉介護職へと転職活動する。
しかし、公的機関や職業紹介施設に、社労士への道をあきらめさせないために、表向きは変な理由をついて断られ、介護職への転職を断念して、社会復帰に失敗。
平成22年夏頃、
法学部卒・元公務員・国家資格の過去のプライドを捨て、宅配便深夜作業の仕事に転職。
なお、応募の時、ついに履歴書から「国家資格社会保険労務士」を外したのが、採用決定成功の秘訣である。
平成22年10月
宅配便深夜作業の仕事が長期継続の見込みがつき安心したので、地元社労士会退会して、
ようやく、7年半のニートでひきこもり生活から、
社会復帰して社会参加できるようになる。
以後、ブルーカラー系の「社会保険」に加入した「労務者」として現在に至る。

でも、社労士会を退会した者にとって、これからの人生を歩む上で、大事なことを
実感することになります。
「ただ、冷暖房完備の室内で、机の上で作業して、ペラペラしゃべるだけで高収入とは、考えが甘かった。
もうこれを教訓に、楽して稼ごうなんて、考えない。
人間は、体を動かして、額に汗して、頑張って働いて稼ぐことが、
これからの人生を歩む上で、大事なことです。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR